ジョニーハイマスの写真集

田舎

日本の原風景。農村や漁村のたたずまいと、そこで生きる人々は、素朴な美しさに輝いている。

  ごく普通に「田舎」と言えば、もちろん自然が豊かな田園地帯のことだ。本書に収録した写真のほとんどは、人里離れた地域で撮られた。観光とは無縁で交通も不便、「隠れた田舎」とさえ言えないような、鄙びた場所の風景ばかりである。

 花や木、河や小川、滝、山、そして海や湖、沼、温泉、火山、原始林。どれもが私にとって田舎を連想させる。こうした広範な自然の恵みの中に、動物、魚、爬虫類、鳥、昆虫が「田舎」という大家族の一員として暮してる。そして、自然と寄り添いながら、或いは自然のただ中で生きる農民や漁師こそ「田舎」という家族の真の一員なのだと思う。彼らは何代にもわたって土地を耕し、漁業をし、自然と共存するという日本古来の伝統が、いまだに残っている。農民や漁師と言葉を交わすたびに、私は彼らから、大地や海とともに生きるための貴重な態度を学んできた。なかでも印象的なものを三つほど紹介しよう. . . .  

  「田舎」序文より


ISBN4-05-401124-1

オールカラー102頁 A4 変形

株式会社学習研究社

¥3、600円(税別)


Copyright (C) 2017 Johnny Hymas Photo Office. All rights reserved.